トップ > 新着情報 > 休眠預金活用事業「子育て懇談会」

休眠預金活用事業「子育て懇談会」

休眠預金活用事業で、愛伝舎と家庭教育研究センターふぁすとのコラボで、外国人家庭の子育て支援を進めています。東邦大学の精神科医山口英理子先生と、鈴亀アミーゴスの井伊サンドラさんの協力を得て、活動します。 日本で暮らして、子育ての不安や悩み、孤立を抱えていたり、一緒に考える仲間を作ったりできる居場所にしていきたいと思います。子育てはチームで!可愛い子どもたちを、みんなで育む環境をつくっていきましょう。

第1回目は5/28・29の2日間12家族の相談を、精神科医山口先生、公認心理師米田さんに対応していただきました。 通訳はサンドラさんとチエミさんにお願いしました。外国人家庭の子育て支援のチームがしっかりとできたことを実感した2日間でした。一回限りの相談でなく、専門機関に繋げつつ、継続してサポートできる体制になってきました。日本での進学についての相談もありました。愛伝舎としても、専門家との連携で安心して事業に取り組めるようになりました。 周りに気掛かりな方がいたら、お声かけください。

5/28の座談会の様子
3年間よろしくお願いします