多様性を豊かさに

 2005年、NPO法人 愛伝舎は、多文化共生社会づくりを目指して、活動を始めました。
日本の人口が減る中、私たち地域では外国人が年々増えています。
日本の社会は多くの外国人に支えられて成り立っているのが、今の日本です。
言葉、習慣、文化などの違いからトラブル、問題になることも少なくありません。
しかし、違う価値観、多様性を受け入れることで、豊かさに変わることも経験してきました。
日本の人口は今後更に減っていくことには変わりません。
これから多くの外国人と共に暮らし、日本の社会をつくることを、しっかり考えていくことが大切だと思います。
「多様性が豊かさに!!」なる社会を願って、活動を続けています。

愛伝舎の活動

外国人支援・多文化共生ネットに入管庁佐々木長官から感謝状

外国人支援・多文化共生ネットが出入国在留管理庁の佐々木聖子長官より「感謝状」を頂くことになり、名古屋出入国在留管理局で7月10日に贈呈式があり、佐野豪俊局長より感謝状を手渡されました。

さらに詳しく
夢の懸け橋奨学金

日本と母国をつなぐ青少年が「将来の夢」を実現するために、より高度な教育を受けるための支援として奨学金を支給する奨学金プロジェクトです。

さらに詳しく
外国人介護人材研修

愛伝舎では2008年のリーマンショックを機に、2009年から2014年まで、外国人介護人材育成事業を8回行いました。125人の南米出身の日系人が、介護ヘルパー2級を取得し今も多くの方が、三重県の北部の介護関連施設で働き活躍してくれています。

さらに詳しく
カエルプロジェクト

「カエルプロジェクト」は三井物産株式会社が行う、在日ブラジル人の子どもの教育と将来を考えるセミナーです。愛伝舎は三重県実施団体として2009年から4回の「カエルプロジェクトセミナー」を開催しています。

さらに詳しく
講演

多文化共生の社会づくりについて、愛伝舎 理事長の坂本久海子が講演をやらせていただいております。

さらに詳しく
新聞掲載記事

メディアで取り上げていただいた愛伝舎の活動です。お読みください。

さらに詳しく

教育関連

外国人生徒キャリアサポート事業

三重県の日本語指導が必要な中学生の高校進学率は97.5%(2019年3月卒業)で、外国に繋がる子どもの多くが日本で進学就職し、定住しています。 三重県教育委員会の事業で、外国に繋がる中学生、高校生、保護者に向けて「外国人生徒キャリアサポート事業」行いました。

さらに詳しく

外国人支援・多文化共生ネット

多文化共生ネットワーク

2019年7月に、愛知・三重・岐阜県の12の市民団体で「外国人支援・多文化共生ネット」を結成しました。

さらに詳しく